格安で名刺を作成する方法

名刺の受け取り方について

名刺交換を相手と行う際は、目下の者の自分が相手に渡すだけではなく、相手からの受け取り方も非常に重要となっております。

相手からもらう名刺を丁寧に扱うことで、好印象を与えることができませんし、基本のビジネスマナーがなっていないというだけで、商談がお流れになるケースも少なくないのです。

そのため、新入社員の方はもちろんのこと、ビジネスの場で恥をかかないためにも、あらかじめ名刺の正しい受け取り方を把握して練習しておいた方が良いでしょう。

ここでポイントとなるのが、両手を使って受け取るということで、自身の名刺入れの上に相手の名刺を重ね、受け取った名刺は直ぐにカバンの中に仕舞うのではなく、机の右側に置いておきます。

右手で受け取り、その後に左手を添えるという受け取り方が実に丁寧で、両手の位置は胸の辺りにし、「頂戴致します」と一言を加えるのが基本です。

また、ただ名刺を受け取れば良いというわけではなく、指の置き方にも注意が必要となっており、相手の名前や会社名、ロゴなどが隠れてしまわないように両角を持たなければなりません。

基本的に名刺交換のことを考え、名刺を作る際は端の方が余白で構成されており、その部分を持って相手の会社名などを隠さないようにします。

もし、複数の人と名刺交換を行うのであれば、いちいち両手を使っていると時間が無駄になってしまうため、現代では片手で受け取ったとしても失礼だとは見なされないようです。

そして、名刺を受け取ったら相手の名前や会社名などに目を通し、漢字の読み方が分からなければその場で、「失礼ですが、こちらは何とお読みすれば宜しいでしょうか?」と一言を添えて確認します。

読みにくい漢字を相手に尋ねるのは決して失礼には値しませんし、分からないまま放置しておく方がよほど失礼になるので、名刺交換のタイミングで聞いておかなければならないというわけです。

最後に、商談が終わり相手の名刺を自分の名刺入れの中に仕舞う際も、「仕舞わせて頂きます」と一言加えると、より丁寧な印象を相手に与えることができるため、好感度がアップすることは間違いないでしょう。

以上のように、ビジネスの場において名刺を交換する機会は意外と多く、渡し方だけではなく受け取り方に関しても細心の注意を払う必要があります。

「1対1での商談」「2対1での商談」「複数人同士の商談」というようにケースバイケースですが、臨機応変に名刺交換を行っていかなければならないので、自分の中である程度イメージしておくようにしてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ