格安で名刺を作成する方法

名刺を渡すタイミングについて

名刺を渡すタイミングは国によって異なるものの、日本では最初の挨拶の時だと考えられており、お互いに名刺を差し出して名前や会社名を知るというのが一般的です。

絶対に渡すタイミングが決まっているというわけではありませんが、常識的に考えて話し合いを進めて商談が終わった後に名刺を出しても意味がないので、最初に渡す必要性があります。

他社を訪問したり訪問を受けたりする際、初対面の人と名刺交換を行うのが普通なので、常にカバンの中には名刺を入れておかなければなりませんし、切らさないように注意するべきです。

いざという時に名刺がなく、相手に渡せないというだけであなたの印象は確実に悪くなってしまうため、常日頃から切らさないように心得ておいた方が良いでしょう。

また、1対1の商談であればまだしも、大人数での会議やパーティでは名刺交換をしないまま話が進められるケースがあり、どのタイミングで名刺を相手に渡せば良いのか困るという方はいらっしゃいます。

他にも、自分の上司のもとに来客があり、別室で話しているところに自分が呼ばれるというケースでも、話し合いが進められているわけですから、名刺を渡すタイミングを見失いがちです。

このような場合、話が自然に流れているはずですし、その流れを自分が断ち切り、名刺交換を切り出すのはできる限り避けなければなりません。

いくら最初の挨拶の時に名刺交換をしなければならないとしても、せっかくの話し合いに水を差すような真似は避けるべきなので、とりあえず名刺交換のことは頭から排除し、話に集中する必要があります。

「どのタイミングで名刺を差し出そうか」「自分から話を切り出した方が良いのではないか?」と頭の中で考え込んでいると、話の流れについていけなくなり、相手に不快感を与えるかもしれないので注意するべきです。

そこで、仕事に関する話が一段落ついたり、会談が全て終了したりした時に、「申し遅れました」と言って立ち上がり、名刺を渡すのがベストだと言えます。

この際に座ったまま相手に名刺を渡すのは失礼に値するので、しっかりと立ち上がって自分から名刺を出せば、相手も不快な感情を抱くことは絶対にないわけです。

結局のところ、相手と別れるまでに名刺交換を済ませられれば良いですし、渡すタイミングはケースバイケースなので、臨機応変に行動するようにしましょう。

以上のように、ビジネスマナーを守ることは大事ですが、マニュアル通りにいかないというケースも十分にありえるので、スマートな名刺交換ができるように努力してみてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ