格安で名刺を作成する方法

名刺の作り方のルールについて

このページでは、名刺の作り方のルールについて詳しく説明していきます。

特に定められたルールがあるというわけではなく、決まったルールに則らなければならないという決まりもありません。

しかし、名刺はビジネスの場では欠かせないツールの一つとなっており、自分の情報を表す道具でもあるので、正しい作り方を心得ておくようにしてください。

 

 

名刺が持つ役割について考える

名刺を実際に作成していく前に、名刺を使って何をやりたいのか考えなければなりません。

初対面の人と名刺交換を行い、その相手とどうしていきたいのか考えることによって、名刺が持つ役割が明確になっていきます。

ただ挨拶ができればそれで満足という方はいないですし、ビジネスチャンスを広げるためには、その目的を果たすためにどのような名刺を作るのがベストなのか考察するべきです。

 

情報をグループ化する

名刺の中に記載されている情報をグループ化することにより、相手に自分のことが素早く伝わります。

名刺のデザインにおいて、初心者の方は空白のスペースができるのを嫌がり、たくさんの文字で埋めてしまうことがあるでしょう。

しかし、ゴチャゴチャした名刺ではどこから読めば良いのか分からなくなるので、「URLとメールアドレス」「ロゴマークと会社名」というように、似た情報をまとめておくのが大事です。

 

余白を十分にとる

上記でも少し説明致しましたが、あまりにもゴチャゴチャしているような名刺は読みにくいですし、それだけで相手が嫌がる可能性も十分にあります。

余白部分を上手く使って自分の事業内容などを記載するのは重要なものの、見る人の視線の流れを決めるのが余白なので、適度に空白の部分があった方が良いのです。

余白と文字、会社のロゴなどをバランス良く配置すれば、見やすい名刺が出来上がるはずなので、読む人の立場になって考えるようにしましょう。

 

ロゴマークを目立たせる

企業イメージの決め手となるのは社名やロゴマークなので、名刺の一番目立つような場所にロゴマークを置くような作り方が最適です。

名刺の見た目の印象はこれだけでグンとアップしますし、企業やブランドのアピールにも繋がります。

ただ名前や住所、電話番号やメールアドレスなどを記載した名刺ではシンプルになりがちで、自分の印象も薄くなる可能性が高いということで、ロゴマークを一番に目立たせるべきです。

 

コントラストを取り入れる

名刺のデザインにおいてコントラストを取り入れることにより、見やすい印象を相手に与えることができます。

一般的な白地の名刺でも悪くありませんが、背景に濃い色を入れるだけでも良いイメージとなるので、上手くコントラストを調整してみるべきです。

 

 

以上のようなルールが名刺の作り方にはあり、自分で作成するとなると、思うような仕上がりにならないかもしれません。

それに、デザインもシンプルになりがちということで、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を利用して、ビジネスで使う名刺を作成してもらってください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ