格安で名刺を作成する方法

名刺交換のポイントについて

このページでは、名刺交換を行う際のポイントを幾つかご紹介しているので、商談や話し合いを行う前にきちんと確認しておいてください。

 

 

直ぐに名刺を出せるように準備しておく

日本では挨拶と同時に自分の名刺を渡し、相手から受け取るのがビジネスにおいての常識となっております。

そのため、商談や話し合いが行われる前に、直ぐに名刺を取り出せるように準備しておくべきです。

商談の相手が複数人いるという場合は、名刺入れのカバーと収納部に相手の人数分の名刺の向きを揃えておくとスムーズに名刺交換を行うことができます。

 

立ったまま名刺交換をする

机越しに名刺交換を行うのは失礼に値するので、必ず立ったまま行うべきです。

相手から出された名刺を座ったまま受け取るのは論外で、最初に挨拶をする間合いでは上手く交換できない可能性があるため、距離を近づけて臨機応変に対応するのが大事なポイントだと説明できます。

 

訪問者から目上の人の順番で渡す

訪問者から目上の人の順番で渡すのは、名刺交換の際の大きなポイントとなっております。

仕事やお金を頂く目下の者から名刺を渡し、目上の立場の人から名刺を受け取るという順番が基本です。

ただし、複数名で名刺を交換する場合は、焦って自分から相手に名刺を渡すのではなく、先に上司が名刺交換を相手先と行うのを待ってから、自分が渡すようにしましょう。

 

名前や社名を名乗りながら渡す

自分の名刺を無言のまま渡すのではなく、「○○社の△△と申します」とはっきりと伝えながら相手に渡す必要があります。

名前はフルネームで伝えなければならず、難しい読み方の場合はゆっくりと分かりやすく伝えるのがポイントです。

相手の名刺を受け取る際も無言のままでは失礼なので、「頂戴致します、宜しくお願いします」と一言添えなければなりません。

 

会社のロゴや文字に手がかからないように受け取る

意外と見落としがちなポイントなのですが、相手から名刺を受け取る際は、会社のロゴや文字に手がかからないようにします。

受け取る際は両手をしっかりと使い、文字に被らないように名刺の余白部分を持つのがベターです。

最初のうちは、丁寧に名刺を渡すことだけに気を配りがちですが、受け取る際のマナーも定められているので注意しましょう。

 

相手の差し出す名刺の高さよりも低い位置で渡す

この項目に関しては既に把握している方が多いかもしれませんが、相手の差し出す名刺の高さよりも、低い位置で自分が差し出す必要があります。

特に、目上の人から名刺を受け取る場合は、謙虚さを出すことが大事で、傲慢な態度にならないように注意しなければならないのです。

自分が低い位置で渡そうとして、更に相手が低い位置に出してきたらキリがないので、同じくらいの高さでも問題はありません。

 

受け取った名刺はテーブルに並べる

相手から受け取った名刺は、直ぐに名刺入れの中に仕舞うのではなく、テーブルに並べるのが常識となっております。

自分の名刺入れの上に相手の名刺を重ねるのが丁寧ですが、直に机の上に置いたとしてもマナー違反ではないです。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ