格安で名刺を作成する方法

名刺の並べ方について

自分の名刺を相手に渡し、相手の名刺を受け取る交換だけではなく、名刺の並べ方も重要なポイントの一つなので、ビジネスマンの方はきちんと把握しておく必要があります。

商談の前に名刺を交換するケースが多く、その後に机を跨いで話し合いを行うと思いますが、その際に受け取った名刺を直ぐにカバンや名刺入れの中に仕舞ってはいけません。

名刺を仕舞うタイミングはその時の雰囲気によって異なるものの、原則的にはテーブルに置いた名刺を仕舞うのは商談や打ち合わせが終了する合図のようなものなので、最後まで机の上に並べておかなければならないのです。

周りの人に合わせていれば間違えることは少ないのですが、1対1での商談の場合は他の人を参考にすることができないので、話し合っている最中は自分の名刺ケースの上に置くという並べ方が基本となっております。

テーブルの上に直接置くのもありで、カタログといった書類を机の上に広げる際は、相手の大事な名刺が床に落ちたり、折れ曲がったりしないように、邪魔にならない位置まで移動させるべきです。

名刺を机の上に置いている状態であれば、仮に邪魔にならない位置に移動させたとしても、それが失礼に値することは絶対にありませんし、ちょっとした配慮がビジネスの場では大事だと言えるのではないでしょうか。

もし、複数の相手と話し合いを行うのであれば、相手の名前を間違えないように、席次順に名刺を机に置くという並べ方が基本となっております。

相手の名前を間違えるのは失礼に値しますし、自分の印象を悪くする大きな原因となるため、斜めにしたりバラつかせたりせずに、綺麗に机の上に並べておかなければならないのです。

枚数が1枚の場合は自分の名刺入れの上に相手の名刺を置き、2枚以上の場合は最も役職の高い人の名刺を自分の名刺入れの上に重ね、他の名刺を綺麗に置くという並べ方で問題ありません。

「たかが名刺の並べ方で慎重になる必要はない」と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、名刺の受け渡しはビジネスマナーの基本ですし、相手の失礼のないように対応しなければならないのです。

名刺のマナーができていなかったというだけで自分の第一印象が悪くなり、取り引きがお流れになるケースは十分にあるので、名刺の正しい並べ方もあらかじめ把握しておくようにしてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ