格安で名刺を作成する方法

名刺の交換方法について

営業を行うビジネスマンにとって、名刺の交換方法を把握しておくのは非常に重要で、必ず必要となるスキルと言っても過言ではありません。

ビジネスの世界では初対面の相手と名刺交換を行うのが基本ですし、そのやり方が間違っているだけで自分の印象を悪くする原因ともなります。

新入社員であれば多少のミスや勘違いがあっても許されるかもしれませんが、入社してから何年も経っているのにも関わらず、マナーを心得ていないのであれば完全にエチケット違反です。

名刺はビジネスに欠かせないツールの一つとなっており、失礼のないように大事に扱っていかなければならないので、正しい交換方法を心得ておくためにも復習が必要となります。

名刺交換の基本は以下の4ステップなので、下記に記された項目を見て、自分のやり方が間違っていないかどうか確認しておきましょう。

 

ステップ@ 名刺入れから名刺を取り出す

取り引き先などとの商談の際は、直ぐにでも名刺を取り出せるように、あらかじめ手元に名刺入れを用意しておく必要があります。

ポケットやカバンから直接曲がったような名刺を出すのは失礼に値するので、名刺入れの中に綺麗に保管しておくようにしましょう。

 

ステップA 名刺を相手に渡す

名刺を片手で持ち、もう片方を沿えて、相手から見て自分の名前や会社名が見える向きで差し出します。

名刺を渡すと同時に、自分の名前や部署名などをはっきりと名乗り、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すのが一つのポイントです。

 

ステップB 相手から名刺を受け取ろう

原則的に目下の自分から相手に渡した後に、相手の名刺を両手で受け取るのが基本となっております。

失礼のないように両手で受け取ると好印象ですし、お互いが同時に名刺を差し出している場合は、右手で自分の名刺を低い位置で差し出し、左手で受け取るべきです。

片手で相手から名刺を受け取った場合は直ぐに右手を添えて両手で掴み、「頂戴致します」「宜しくお願いします」と一言を加えましょう。

 

ステップC 名刺を机の上に置く

もらった名刺は直ぐに名刺入れやカバンの中に仕舞ってしまうのではなく、机の上の見える位置に置かなければなりません。

名刺交換をして終わりというケースは少なく、机の上で話し合いなどを行うはずなので、テーブルの上に自分の名刺入れに重ねて相手の名刺を置くのがベストです。

 

 

以上のような流れで名刺交換を行うのが基本となっており、全て正しい方法で覚えるのは意外と時間がかかります。

とは言え、「相手の名刺=相手の顔→大事に扱わなければならない」という考え方をしていれば、いかに名刺の交換方法が大事なのかお分かり頂けるはずです。

既にビジネスで何回も名刺交換をしているという方でも、もしかしたら間違って覚えている部分があるかもしれないので、一度確認してみてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ