格安で名刺を作成する方法

名刺を渡す順番について

名刺を渡す順番はビジネスにおいて基本となっており、このマナーをしっかりと身に付けておかなければなりません。

サラリーマンになって何度か名刺交換の場に足を運んでおり、身体にしみ込んできたから「今更マナーなんて覚える必要はない」という考えは危険ですし、その安心が命取りになることも十分にあり得ます。

正しい名刺交換ができないというだけで、相手に与える第一印象が悪くなるというケースも十分にあるため、意外と忘れがちなマナーを改めて確認しておかなければならないというわけです。

ケースバイケースなので一概には説明できないものの、1対1の場合は目下の者、つまり訪問した者から名刺を渡すという順番が原則で、常に自分から名刺を差し出すという心構えでいた方が良いでしょう。

もし、同時に名刺を差し出してしまった場合は、目上の相手よりも先に受け取ってはならず、自分が先に渡してから受け取るのが基本となっております。

名刺を渡す際も相手が差し出した高さよりも低い位置で差し出さなければならず、これは上司と飲みにいって乾杯をする際に下の方に差し出すのと同じです。

他にも、「テーブルを挟まずに立って名刺交換を行う」「ポケットや財布から直接名刺を出さない」「汚れている名刺や曲がっている名刺を出さない」というマナーも重要だと言えます。

このように、名刺を渡す順番だけではなく、様々なポイントに気を配らなければならないので、新社会人の方は友人と名刺交換の練習を事前に行っておいた方が良いのです。

また、上司と同行していた場合は、「自分から名刺を差し出さなければ」と焦るのではなく、上司が相手と名刺交換をし終えた後に、自分が渡すという順番を守る必要があります。

複数の人間と商談をしている場合、「上司と相手の担当者」「自分と相手の上司」の名刺交換が同時に行われるケースもあるものの、基本的には上司の名刺交換が終わった後に、自分が渡すという順番を心掛けなければならないのです。

そして、名刺を渡す際は、はっきりと名前や社名、部署名などを相手に伝え、受け取る際に「頂戴致します」と付け加えれば、より丁寧な印象を相手に与えることができます。

以上のように、日本では名刺を交換する際のマナーは既に決まっており、時代が進むにつれて変化しているものの、大よそのマナーは特に変わっておりません。

「ただ紙切れを渡すだけ」「細かい順番は気にする必要はない」と考えている方はいらっしゃいますが、基本的なマナーができていない人と契約を交わしたいと思う方は絶対にいないので、きちんと心得ておいてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ