格安で名刺を作成する方法

名刺に載せる情報について

名刺に載せる情報は特に決まっているというわけではありませんが、最低限必要な項目は決まっております。

ビジネスにしろプライベートにしろ、出会いは第一印象で大よそが決まると言われており、名刺は連絡先など重要な情報を載せるだけではなく、初対面の人に自分自身のことや会社のことを知ってもらうために渡すのです。

つまり、相手とのコミュニケーションの手段の一つなので、自分や会社のことをアピールできるような名刺を作成することで、ビジネスチャンスを大きく広げられるのではないでしょうか。

とは言え、名刺に載せる最低限の情報はある程度決まっており、「名前」「ふりがな」「会社名」「住所」「ホームページのURL」「肩書き」「電話番号」などが挙げられます。

どれか一つでも欠けてはいけないというわけではないものの、会社名や肩書きなどが記載されていなければ誰なのか分かりませんし、電話番号がなければ連絡を取り合う手段がないので不便です。

人間関係を構築する上での手段の一つが名刺ということで、これらの情報はしっかりと明確に記載しておかなければなりません。

他にも、飲食店を経営している方であれば、自分のお店の地図を名刺に載せた方が良いですし、会社のロゴマークを入れることでアピールにも繋がります。

他にも、携帯サイトに誘導するためのQRコードやブログのタイトル、今現在行っている事業内容やキャッチコピーなども必要に応じて名刺に記載すれば、初対面の方でもよりあなたのことを分かってくれるはずです。

「仕事の案件を増やしたい」「集客を増やしたい」という方は、人脈が大事ということは間違いないので、少ないチャンスをきちんと生かすためにも、名刺に記載する情報も慎重に選んだ方が良いでしょう。

ただし、小さな名刺の中に色々な情報を載せすぎると余白がなくなり、どこから読めば良いのか分からなくなってしまう可能性があるので、名刺の空白部分を生かしてギッシリと文字を入れれば良いというわけではないです。

記載している内容が多ければ多いほど、何を伝えたいのか有耶無耶になってしまいますし、ゴチャゴチャとした安っぽい印象を相手に与えてしまいます。

これでは相手に良い印象は抱かれないはずなので、名刺のデザインを決める際は余白を上手く活用し、スッキリと見やすくすることで相手に覚えてもらえるような名刺に様変わりするのです。

個人で行っている事業によって、名刺に記載する情報は異なるので、どのような内容を入れれば良いのかしっかりと考えてから、名刺の作成を行うようにしてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ