格安で名刺を作成する方法

外国人との名刺交換について

グローバルな企業に勤めているという方は、外国人の方と名刺交換をする機会が多いはずですし、名刺は日本だけに取り入れられている文化ではありません。

海外でも名刺交換によってお互いのことを知る一歩となりますし、英語では「business card」と表記され、その名の通りビジネスで使われております。

しかし、日本の名刺と海外の名刺では文化の違いが生じており、外国人の方と日本人と名刺交換をするような感覚でいると、貴重な商談が失敗するかもしれないので注意が必要です。

日本の文化では最初にお辞儀や挨拶から始まり、いきなり名刺交換を行うのが常識となっておりますが、海外の場合は握手やアイコンタクトから始まります。

つまり、いきなり名刺を差し出すような真似をするとビックリされるかもしれませんし、「この人とは上手くやっていけない」と思われるかもしれないので、最初にどのような文化や言語圏の外国人と名刺交換をするのか心得ておかなければならないのです。

それを考慮した上でビジネスにおけるファーストコンタクトを取っていれば、大きな失敗をすることはないでしょう。

そのため、外国人の方と名刺交換を行う場合は、最初にアイコンタクトや握手を交わし、その後にタイミングを見計らって名刺を差し出すというのがベストです。

場合によっては、軽く挨拶を交わしてから名刺交換に入るケースがあるので、その場の空気感をしっかりと読み、相手に失礼のないように立ち振る舞うのが大事だと説明できます。

また、名刺の受け取り方にも文化の違いが生じており、日本では両手で丁寧に名刺を受け取るのが常識となっているものの、海外では片手で差し出したり、片手で受け取られたりするかもしれません。

それに、初めて外国人の方と名刺交換をする人は驚くかもしれませんが、海外では名刺を粗雑に扱うことがあり、メモ代わりに使用する人がいらっしゃるのです。

日本人との名刺交換の場合、「あり得ない」「常識がない」と感じるかもしれませんが、外国人の場合は相手に悪気はありませんし、文化の違いだと理解する必要があります。

他にも、日本では名刺交換の際に名前や肩書きを重視する傾向があるものの、海外ではスペルや連絡先の確認の意味の方が大きく、肩書きに拘ると失礼にあたるので注意した方が良いでしょう。

特に、日本と欧米では役職の表現の仕方に違いがあり、「Vice President」は「副社長」ではなく「部長」クラスで用いられております。

あらかじめ外国人の方と商談を行うことが分かっているのであれば、日本と海外でどのような文化の違いが生じているのか確認しておくようにしてください。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ