格安で名刺を作成する方法

名刺の置き方のマナーについて

名刺の置き方のマナーを知らないと、ビジネスの場で恥をかくことになりますし、「この人は常識がないのでは」と思われてしまう可能性が大なので注意が必要となります。

ケースバイケースなので、一概には説明することができないのですが、面談者が一人の場合は自分の名刺入れの上に相手の名刺を重ね、相手から見える位置の机の右側に置くのが最低限のマナーです。

相手からもらった名刺を直ぐに名刺入れの中に仕舞ってしまうのは論外ですし、机の上に裏面を見せる置き方もマナー違反となってしまいます。

もし、面談者が複数いらっしゃる場合は、全ての名刺を名刺入れの上に置くことはできないため、相手が座っている並び順に置くようにしましょう。

この際も、名刺を置く位置は自分から見て右側で、「大切に扱っています」ということをさりげなく相手に悟らせることがビジネスの場では大事なのです。

商談をしている最中に資料やカタログなどを広げる際、名刺が邪魔になるのであれば、少しずつずらして床に落ちたり曲がったりしないように丁寧に扱ってください。

海外での名刺のマナーについて

日本では当たり前だと思っていることでも、海外では全く違うというケースは意外と多く、これは文化の違いなので仕方ありません。

グローバルな社会になりつつなる現在、海外の企業と取り引きを行うことは多く、名刺のマナーについてもきちんと把握しておく必要があります。

日本と同じような感覚で外国人と名刺交換を行うと、貴重な商談が失敗する可能性も十分にあるので、どのような点について注意しなければならないのか心得ておくことが大事です。

その一つが「いきなり名刺を差し出さない」ということで、海外では握手をしたり会話を行ったりした後、別れ際などに名刺交換を行うのがマナーとなっております。

日本では挨拶と同時に相手に名刺を渡すのが基本ですが、海外では名刺交換のタイミングが異なるので、直ぐに相手に渡さないようにしましょう。

また、日本では名刺は相手の顔そのものという認識があり、粗雑に扱えず捨てにくいものの、海外では紙切れのようなものという認識の方が多く、その場でメモに使ったりと粗雑に扱われるケースがあります。

しかし、これは海外では日常茶飯事ですし、自分が馬鹿にされているわけではないので、文化の違いだと割り切るしかないのです。

名刺の郵送マナーについて

ビジネスにおいて、名刺だけを郵送するのはマナー違反に値するので、注意が必要となります。

どんなに気をつけていても、商談の際に人間であれば名刺を忘れてしまうことがあるかもしれませんし、絶対に引き起こされない状況だとは言えないのです。

そんな時は、丁寧に名刺を切らしてしまったという旨を相手に伝え、後日渡すことを告げるのが基本となっております。

商談当日に名刺を忘れてしまったからといって、相手に郵送すると逆に不快感を覚えてしまうかもしれないですし、誰だか分からずに捨てられることもあるので、面と向かって渡さなければならないのです。

 

 

「名刺のマナー」に関するページ