格安で名刺を作成する方法

名刺の作成と新バフン紙について

名刺の作成と印刷を依頼できる業者の中には、複数の用紙の中から選択できるところがあります。

上質紙を使った名刺の作成だけではなく、アート紙やコート紙、新バフン紙などから自分の好きな用紙を選べるのです。

新バフン紙と聞いて、「馬糞が原料の用紙なのではないか?」という疑問を抱いた方は多いかもしれません。

しかし、新バフン紙は藁を原料とした用紙となっており、繊維が入った和風の雰囲気をかもし出すという特徴があります。

特別な臭いを発するようなものではありませんし、紙が持ち合わせた質感や素材感を全面的に押し出せるのが新バフン紙の最大のメリットです。

「風合いを活かしたデザインの名刺を作成したい」「自分は老舗の企業に勤めている」という方に、新バフン紙は最適なのではないでしょうか。

名刺よりも出版物や商業印刷物として使用されているケースが多いものの、ナチュラルで温かみのある名刺を作成できます。

名刺やショップカードの作成を行っている「91×55.com」という業者では、新バフン紙を使った名刺の作成や印刷が可能です。

「赤」「からし」「きなり」「きぬ」「くも」「しらかべ」など、複数の色合いの新バフン紙が用意されているため、この中から自分のイメージに合うものを選んで作成できます。

残念ながら、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では新バフン紙は用意されておりません。

それでも、4,000種類を超えるテンプレートの中から好きなデザインを選び、自分のイメージに合った名刺を格安の価格で作成できるので、一度Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトをチェックしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺を渡す際には相手へのイメージを良くする必要があり、自分の身代わりとなるツールだからこそデザインや用紙の種類には気を配らなければならないのです。

名刺交換をした際に、「この人ならば信用できる」「この人と一緒に仕事をしてみたい」と相手に思わせることができれば、今後ビジネスに発展することも十分にあるのではないでしょうか。

名刺の全体的なイメージを決める要素の一つが用紙なので、新バフン紙を中心とする特殊紙で作成するのは非常に適しております。

通常の上質紙と比較して高いコストがかかるかもしれませんが、決して無駄な出費というわけではないのです。

新バフン紙以外にも、業者によっては数十種類の用紙から自由に選択できるところがあるので、依頼する業者の公式ホームページなどを参照してみてください。

「名刺の作成のコツ」に関するページ