格安で名刺を作成する方法

名刺の作成と文字サイズについて

名刺を作成するに当たり、どのようなデザインにしようか迷っている方は多いかもしれません。

確かに、全体的なデザインは名刺の印象を決め兼ねないですし、「イラストを入れた方が良いのか?」「もう少し派手にした方が良いのか?」と試行錯誤するはずです。

しかし、どんなにデザインが良くても名刺の中に記載している内容が分かりにくければ意味がないので、文字サイズには注意が必要となります。

業者に依頼して名刺を作成してもらえば、4ポイント程度の文字サイズでも潰れずに綺麗に印刷できるはずです。

とは言え、あまりにも文字サイズが小さいと読みにくいですし、お年寄りや目の不自由な方を対象とするのならば11ポイント程度はあった方が良いでしょう。

健常者と名刺交換をする場合も、文字サイズが小さいことで相手が不快感を覚えるかもしれないので、どんなに小さくても6ポイント程度はあった方が良いのです。

自宅で名刺を作成する場合、使用しているプリンタが古ければ5pt程度でも文字が潰れて見えなくなるので、できる限り大きな文字で作成した方が良いと言えます。

以上のように、自分の情報を名刺の中に記載しているため、デザインと同じように文字サイズが重要だということがお分かり頂けたはずです。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、名刺の中に記載する情報を自分で決める形となっているので、文字サイズに着目してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記では文字サイズを小さくしすぎてはいけないと記載しましたが、あまりにも大きくすると名刺の中に記載できる情報が少なくなります。

自分の名前や会社名、役職名や連絡先といった必要事項以外にも記載したいのであれば、名刺を作成する時に文字のバランスにも着目しなければならないのです。

しかし、あまりにも文字が多すぎてごちゃごちゃとしている名刺は、文字サイズが大きくても見づらくなるため、裏面を有効活用した方が良いかもしれません。

名刺の表面には欠かせない情報を記載し、裏面にプロフィールや経歴など、載せたい情報を表記するといった使い方がベストです。

また、名刺を作成する際は、文字の大きさのバランスも重要で、記載する文字全てを同じ大きさにすると何が重要なのか分かりにくくなります。

名刺交換は自分のことを相手に知ってもらうために行うため、当然のように名前は大きいフォントを使わなければならず、後は重要な事柄に合わせて文字サイズを決めていくのです。

ビジネスで使う大事なツールだからこそ、手を抜かずに丁寧に作成するようにしてください。

「名刺の作成のコツ」に関するページ