格安で名刺を作成する方法

名刺を作成するに当たってマークの位置は重要なの?

ビジネスで使用する名刺を作成するに当たり、マークの位置が重要だと心得ておかなければなりません。

会社のロゴマークや自分のイメージ写真を名刺の中に入れて作成する方が現在では多く、文字だけよりも遥かにインパクトを強められます。

名刺を渡すのが最終目的ではなく、自分がどのような人間なのか相手に覚えてもらわなければ意味がないのです。

その手助けをしてくれるのが自分のビジネスと深く関係しているマークで、右上や左上がベストだと考えられています。

以下ではその理由について詳しく説明しているので一度チェックしておきましょう。

 

・マークを目立たせるために右上や左上へと配置する

・人間は文字よりもイラストや図形へと目を落とす特徴がある

・人間の目線はZ型に動きやすく、マークの後にスムーズに文字に目がいきやすい

・「誠実」「堅実」「安定」といった印象を相手へと与えられる

 

人間の目線のメカニズムに焦点を当てると、上記のように右上や左上がベストな位置だとお分かり頂けるはずです。

一番上にメールアドレスや電話番号などの連絡先を記載し、最後に小さく名前が載っているような名刺は見にくいと感じます。

名刺を作成する際には相手の気持ちに立って客観的に見なければならず、「どうすれば見やすくなるのか?」という点に気を配ってデザインするのが良いでしょう。

また、名刺の形状によってもマークのベストな位置付けは異なり、横型ならば左上、縦型ならば右上が適しています。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)ならばどちらの名刺も作成でき、まずは自分にピッタリのテンプレートを見つけてからマークの配置を考えてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

名刺の背景としてロゴマークを配置するのも選択肢の一つ

名刺全体のインパクトを強めるために、背景としてロゴマークを配置するのも選択肢の一つとなっています。

背景として利用する場合は中心部分に位置させるのが適しており、貰った際に最初に目に飛び込んでくるはずです。

会社のロゴマークが重要な存在なのは間違いなく、名刺の目立つ部分に配置しなければなりません。

ただし、文字と被ると肝心の名前や連絡先が読みにくくなるかもしれないので、文字は淡色系の色調にした方が良いでしょう。

ロゴマークと文字が上手く被らないように背景として配置するのがベストですが、逆にアンバランスになるかもしれないので被っても文字が見やすいカラーを選択するべきです。

また、文字とマークの空白のバランスも大事で、ネット通販のサービスで作成する場合は何度もプレビュー画面を確かめてみてください。

「名刺の作成のコツ」に関するページ