格安で名刺を作成する方法

ジェントルフェイスで名刺を作成しよう

名刺を作成するに当たって、どのような用紙を使用するのか選ぶのはかなり大事な要素かもしれません。

自宅で作成するにしても業者へと依頼するにしても専用の用紙を使って印刷し、55mm×91mmのサイズにカットすることで名刺は出来上がります。

そこで、「どのような用紙で名刺を作成すれば良いのか分からない」と悩んでいる方には、ジェントルフェイスがおすすめです。

限られた業者でしか採用されていない材質がジェントルフェイスで、どのような特徴を持っているのか下記では簡単にまとめてみました。

 

・0.25mmと厚みに関しては他の用紙と大差ない

・ツヤ消し加工のクリームがかった色合い

・マットで高級感のある名刺に仕上がる

・紙の質感がしっかりとあらわれている

・コート剤が少ないのでマットで厚口の用紙で作りたい方におすすめ

 

名刺の作成として良く使われる上質紙やクラフト紙とは異なり、高級感を得られるのがジェントルフェイスの最大のメリットなのではないでしょうか。

同じデザインの名刺を作成したとしても、上質紙を使うのかジェントルフェイスを使うのかによって相手が受ける印象は大きく異なります。

数十種類の中から材質を選べる業者の中にはジェントルフェイスを採用しているところがあるので、一度ホームページを見て確認してみるべきです。

様々な用紙を使って名刺を作成できる業者の一つがライオン名刺で、以下のような素材の用紙も用意されていました。

 

マシュマロホワイト:オンデマンド印刷との相性が良い

OKマットポスト:鮮やかさと落ち着いた白さの風合いが特徴

エスプリコートSS:光沢があるのでスタントカードにおすすめ

シルバーダイヤ:鮮やかな色彩の再現が可能なマットアート紙

ジェントルクロス:不規則なラインのエンボスが名刺に表記される

ヴァンヌーボV:上品で高級感のある風合いが人気の秘訣

ニューラグリンSスノー:ナチュラルな風合いと多少の凸凹感が特徴

バガスシュガー:古紙配合率が10%以上のエコ用紙

 

このように、数多くの材質を用意しているのがライオン名刺の特徴となっています。

しかし、あくまでもこの業者はデータ入稿型なので、既存のテンプレートを選んで名刺を作成することはできません。

「自分でデータを用意できない」「既存のデザインを使ってビジネスで使う名刺が欲しい」と考えている方は、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を利用してください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成のコツ」に関するページ