格安で名刺を作成する方法

名刺の作成と台紙について

名刺を作成するに当たり、台紙の種類を決めるのは意外と大事で、疎かにしているという方はいらっしゃいます。

名刺は台紙の種類によって印象が大きく変わりますし、何よりも綺麗な名刺であればそれだけで人の気を引くことができるため、記載する内容やテンプレートだけではなく、台紙にも気を配らなければならないのです。

「台紙は名刺の中でも拘りポイントの一つだ」と考えている方は多いですし、自宅で作成するのであれば、どのような種類があるのか量販店や文房具屋さんで確かめてみましょう。

また、現在ではインターネット通販で台紙を購入する方も増えており、口コミを参照すればどのような台紙が名刺の作成として人気なのか把握できます。

一般的な印刷物と比べて、名刺に使用する台紙は硬い素材が多く、ペラペラの紙質を使った名刺を作っている方は少ないかもしれません。

名刺の素材がペラペラであれば、相手の手元に残る可能性が低いですし、見た目の印象も悪くなってしまうため、厚みのある台紙を選ぶのがベストなのです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、名刺を作成してもらう際に幾つかの台紙から選択が可能となっております。

しかも、色鮮やかさを増すために両面光沢仕上げを行ったり、裏側の印刷も選べたりと様々なオプションがついているので、自分が求める名刺を作るためにVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトを見てみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺作成を承っている業者によっては、たくさんの種類の台紙が用意されており、私たちはその中から選べるというメリットがあります。

台紙の種類によっては追加料金を支払わなければならないものの、気に入った素材を使って名刺を作成した方が後悔しないはずです。

このページで全ての台紙をご紹介することはできないものの、厚さ0.26mmの標準的な紙質の「上質紙」、厚さ0.28mmでインクの乗りが良い「マットポスト」、ツヤがあり高級感を与えられる「ミラーコート」、厚さ0.33mmで優しい手触りが特徴の「アラベールスノーホワイト」などが挙げられます。

他にも、ダンボールに似た色合いの「ファーストヴィンテージオーク」、金色で重厚な台紙の「ゴールド」、上品な輝きと高級感がある「プラチナ」など、特殊な台紙を用意している業者もあるのです。

台紙の種類が多ければ、より自分のイメージに合った名刺を作成できるかもしれないので、比較をする際のポイントかもしれません。

「名刺の作成のコツ」に関するページ