格安で名刺を作成する方法

名刺作成の注意点について

このページでは、名刺を作成するに当たっての注意点を幾つかご説明していきます。

自宅で作成する場合も、業者を利用して名刺を印刷してもらう場合でも、デザインは自分で行う形となるのです。

名刺作成の注意点を守らないことで、ビジネスに支障が出る可能性も十分にあるので、事前にしっかりと心得ておいてください。

名刺のサイズを55mm x 91mmにしよう

名刺のサイズは決まっているわけではありませんが、日本では基本的に55mm x 91mmの名刺が使われております。

名刺入れも一般的なサイズの55mm x 91mmに標準を合わせているので、大きすぎる名刺や小さすぎる名刺はできる限り避けた方が良いのです。

あまりにも奇抜なサイズの名刺を持っているとインパクトを与えることができるかもしれませんが、「この人は常識がないのではないか?」と相手に思われる可能性があります。

名刺交換の際に自分の印象を下げてしまっては全く意味がないので、55mm x 91mmに統一しましょう。

情報を詰め込みすぎないようにしよう

名刺作成の注意点として、情報を詰め込みすぎないようにしなければなりません。

名刺の中に入れるコンテンツはたくさん考えられますし、名前や連絡先といった欠かせない情報だけではなく、自分の経歴や取得した資格といったプロフィールも載せることができます。

相手に自分のことを伝えるのが名刺の大きな役割なので、細かいことまで記載するのは悪くないのです。

しかし、あまりにも情報を入れすぎると見にくくなりますし、小さなサイズの名刺の中に様々な情報を書き込むには少々無理があります。

最も伝えたい内容が相手に伝わらなければ名刺としての意味を成さないので、適度に余白を残すことに重点を置き、裏面などを上手く活用するのがベストです。

私たちは名刺を見る時に空間的に形や配置を捉えるという特徴があるため、余白を適度に与えてスッキリとした名刺を作成する必要があります。

色で文字が見えにくくならないようにしよう

モノクロの名刺では相手に良い印象を与えられないということで、文字に色を付けようとしている方はいらっしゃいます。

確かに、名刺のデザインにおいて色使いは重要な要素の一つですし、文字の色に拘るのは良いことなのです。

しかし、何が何でもカラフルにすれば良いという単純な話ではなく、黄色や緑色では逆に見えにくくなって相手は戸惑ってしまいます。

会社のロゴやイラストであればカラフルでも特に問題はありませんが、文字の色はできる限り見やすいものを選択しましょう。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成のコツ」に関するページ