格安で名刺を作成する方法

名刺の作成のコツについて

このページでは、名刺を作成する際のコツについて、詳しく記載していきたいと思います。

自宅でパソコンとプリンタで作る場合も、業者に依頼するという場合も役立つ情報なので、名刺作成のコツについてしっかりと理解しておきましょう。

記載する内容を考えよう

名刺を作成するに当たり、「どのようなテンプレートにしようか?」と悩んでいる方はいらっしゃいます。

確かに、見た目のイメージは重要なのですが、最も大事なのは何を記載するかで、目的とコンセプトを見失ってはいけないのです。

初対面であってもたった1枚で自分を強くアピールできるのが名刺の凄さで、重要な情報が一目で分かるように整理されている必要性があります。

いくら人目を惹くようなデザインの名刺だったとしても、個人情報が対して記載されていなければ支離滅裂ですし、書かなければならない内容を把握するのが名刺を作成する際のコツなのです。

「名前」「会社名」「住所」「電話番号」「役職」「会社のロゴ」「FAX番号」「ホームページのURL」など、サラリーマンや個人事業主によって大きく異なるので、事前に確かめておいてください。

様々な名刺のデザインを知ろう

名刺を作成するに当たり、様々な名刺のデザインを知っておくのはコツの一つで、自分にはどのようなイメージが合うのか考える必要があります。

確かに、独自性のある名刺を持っているだけで相手の気を引くことができ、自分を印象付けることが可能なので、ビジネス機会を増やすチャンスに繋がるはずです。

とは言え、サラリーマンがホストで使われるような名刺を持っていたり、華やかなエステサロンの店員さんが白黒で地味な名刺を持っていても、相手の好感度を上げることはできません。

そのため、「シンプルなデザイン」「オシャレなデザイン」「スタイリッシュなデザイン」「インパクトのある素材」など、業種に合わせて最も適したテンプレートを選択しなければならないのです。

文字の配置やレイアウトを揃えて見やすくしよう

名刺は相手が自分の情報を読むものなので、文字の配置やレイアウトを揃えて、見やすくしなければなりません。

特に、美しい販促物は書体からと言われており、使用するフォントを統一しなければ見にくくなってしまいますし、不愉快な違和感が発生しないように文字の配置には十分に配慮する必要があります。

また、業者を利用して名刺を作成する場合、事前に注意事項として記載されているはずですが、「断ち切り」と言って紙の端っこの部分は印刷されない仕組みになっているため、なるべく中心に合わせて文字が途切れないようにするのが名刺作りのコツです。

綺麗な名刺はそれだけで相手に好印象を与えるものの、自分では作れる種類が限られてきますし、大量に作成するのも大変なのでVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成のコツ」に関するページ