格安で名刺を作成する方法

特殊な名刺について

ビジネスマンの中には、他の営業社員と差をつけたいということで、特殊な名刺を作成している方がいらっしゃいます。

名刺であなたの全てが決まるというわけではありませんが、第一印象を決める重要なツールということは間違いなく、その名刺が印象的であれば自分を強く表現できるというわけです。

特殊な名刺を使用し、相手に自分の顔を覚えてもらえば、「この人はちょっと違うな」「この発想力のある人とビジネスを行えば面白いかも」となり、良い方向へと導かれる可能性があります。

全ての業者というわけではないものの、特殊な用紙を使っていたり、特殊な加工を施せるところは存在しているので、特徴的な名刺を作成したいという方にピッタリかもしれません。

例えば、「デコカード」と呼ばれる業者では、お好きな形にロゴなどを部分をカットしたり、ミシン目でチケット風の名刺を作成したりという型抜き加工や、UVインクでイラストを盛り上げるUV盛り上げ加工が行われております。

和風のクラフト紙や光沢感のあるメタリックな紙など、特殊な用紙が何種類も用意されている業者なので、お好みで人の目を引くような名刺が作成できるというわけです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、「表面を色鮮やかにしたい」「見た目の印象をアップさせたい」という方のために、両面光沢加工が用意されております。

通常料金よりも少々高くなっておりますが、100枚で1,670円、200枚で2,270円という価格なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を試してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記でご紹介した業者以外でも、特殊な名刺を作成することは可能となっており、自分が求めるデザインで印刷できるかどうか、業者を選ぶのは重要だと説明できます。

特に、「メイシスト」と呼ばれる業者では、半透明の型抜き加工のような「パチカ半透明加工×折合加工」や、厚みがありながら特殊なクッション紙を使用した「クッション紙×活版印刷」など、普通の業者では取り入れられていないような加工も可能です。

凸凹とした印象が特徴的なポストカードの作成にも適した業者となっており、どのような加工が可能なのか定期的に更新されているところが良いのではないでしょうか。

自宅でパソコンとプリンタを使用しただけでは、特殊な用紙を使ったとしてもユニークな名刺を作れないので、専門的な業者に作成を依頼してみてください。

「名刺の加工の種類」に関するページ