格安で名刺を作成する方法

名刺と抜き加工について

仕事をしているという方であれば名刺は常に持ち歩いているグッズの一つですし、初対面の人と会うためには欠かせない道具となっております。

日本だけではなく名刺交換はどの国でも行われており、ビジネスマンの挨拶に名刺を渡すのは最早常識というわけです。

そこで、毎日のように使用する名刺は、自分の代わりとなるものですし、少しでも強い印象を相手に与えるためにも、業者に依頼して抜き加工を行ってもらいましょう。

抜き加工は型抜き(トムソン)加工とも呼ばれており、簡単に説明すると会社のロゴの部分などがくりぬかれた名刺のことを指し、その部分だけを強く印象付けることが可能となっております。

例えば、「ABCD」というロゴのマークがあったとしたら、画像をそのまま名刺に掲載するのではなく、抜き加工を行って切り抜くことで周りが浮き出て、ロゴが更に見やすくなるという仕組みです。

インターネットで検索してみると、様々な抜き加工を施した名刺が紹介されており、どれもユニークで「こんな名刺もあるんだ」と驚く方は多いかもしれません。

あまりにもふざけた抜き加工を行うと、ビジネスマンらしくないということで逆に印象が悪くなってしまうかもしれませんが、適度に遊び心を入れるのは良いと説明できます。

一度会って名刺交換をしただけでは、相手に自分の顔を覚えてもらうことはできませんし、毎日たくさんの人と会って仕事をしているという方であれば尚更です。

ビジネスチャンスを求めたいのであれば、まずは人脈を広げることから始めなければならないので、インパクトのある名刺で他の人と差をつければ、相手に覚えてもらえる確率は確実にアップします。

子供の頃、レアなアニメのカードを手に入れて喜んだ経験がある方はいらっしゃるはずですし、普段は目にしないものだからこそ、心が踊って胸の高まりを感じられるはずなので、特殊な加工の名刺が相手に与えるインパクトが大きいということはお分かり頂けるでしょう。

実際に、型抜き加工を行っている名刺作成業者は意外と多く、そこまで高い費用を支払わなくても依頼できるのが大きな利点だと説明できます。

さすがに、通常の名刺の作成と同じ料金というわけにはいきませんが、安い追加費用を支払うだけで、世界で一つだけの名刺を作れるので、試す価値は大いにあるのです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、残念ながら抜き加工は実施されていないものの、名刺全体にツヤを出す加工は行われているので、まずはどのようなテンプレートがあるのか公式サイトで確かめてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の加工の種類」に関するページ