格安で名刺を作成する方法

名刺と型抜きについて

名刺を作成してくれる業者の中には、型抜き加工を施してくれるところがあります。

型抜き加工とは、会社のロゴの部分などを切り抜く処置のことを指しており、より名刺をインパクトのあるものにできるのです。

ローマ字の会社名といったロゴマークを名刺の中に入れるだけでも、十分に印象をアップさせることができますし、自分の会社を宣伝するのにも役立ちます。

更に型抜き加工を行えば、ロゴマークの部分が強調されるので、地味な名刺よりも自分のことを覚えてもらえるかもしれません。

名刺は単純に自分の名前や電話番号など、連絡先を掲載するだけではなく、ビジネスチャンスを広げるツールでもあるので、型抜き加工を行うのは選択肢の一つというわけです。

業者によっては既に型抜きデータを取り入れているところがあり、自分が使いたいテンプレートがあればそれを選択するのが良いのではないでしょうか。

通常の名刺の作成よりも型抜き加工は追加料金がかかるため、より高い費用を支払わなければなりませんが、莫大な費用がかかるわけではないので、自分が利用する業者のホームページを見て料金を確認してみるべきです。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、残念ながら型抜き加工は行われていないものの、両面光沢仕上げはできます。

名刺の表面に特殊な加工を行い、ツヤを出して魅力的な名刺に変えてくれるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺を作成してくれる業者によっては、型抜き加工だけではなく、ツヤを出すためのラミネート加工や、イラストやロゴを浮き立たせるUV盛り上げ加工など、様々な特殊な加工を施すことができます。

どれも無料というわけではありませんが、安い追加費用を支払うだけで、地味な名刺が一変し、お洒落な名刺へと様変わりするため、ビジネスマンにも人気があるのです。

ビジネスの場に相応しくないやり過ぎた加工を行ってしまうと、逆に相手が引いてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

それでも、少しでも人とは異なる加工を施すことで、自分の存在を覚えてもらえるきっかけとなるため、試す価値は大いにあるというわけです。

「名刺の加工の種類」に関するページ