格安で名刺を作成する方法

名刺の加工の種類について

業者で名刺の作成を行う場合、幾つもの加工の種類があり、追加料金を支払うことでオプション加工をしてもらうことができます。

「人とは違った名刺を作りたい」「特徴的な名刺が欲しい」という方には、オプション加工が適しているというわけです。

全ての業者で特殊な加工が施せるわけではありませんが、このページでは幾つかの種類をご紹介しているので、実際に試してみてください。

 

 

角丸加工

角丸加工を行うと、名刺の4角や2角を丸めることが可能で、優しい印象を与えられるというメリットがあります。

デザインの種類によっては欧米風にアレンジすることも可能で、ビジネスマンの名刺にはあまり適さないかもしれませんが、ネイリストやエステティシャンといった女性の方の名刺に最適です。

 

UV盛り上げ加工

名刺の紙の上にUVインキを塗るのがUV盛り上げ加工で、艶々グロスやザラっとしたマットを盛って硬化させることで、より印象的なデザインが可能となります。

名刺の表面にロゴマークを入れる際、その画像だけにUV盛り上げ加工を行うことで画像が盛り上がった印象となり、強調されるというわけです。

ツルツルとした光沢感を得られるというメリットもあるため、インパクトのある加工だと言えるのではないでしょうか。

 

型押し加工

これは上記で説明したUV盛り上げ加工と少々似ておりますが、型押し加工を名刺に施すことで、ロゴマークや柄を全体的に浮き上がらせることができます。

色がないのでシンプルで高級感を与えられますし、印象を強く与えたいデザインにこの加工を行うのがベストです。

 

箔・浮出し加工

箔・浮出し加工は、紙が下から浮き出すようなイメージにできるという特徴があり、裏面部分は凹みます。

企業やブランドのロゴにこの加工を施すだけで強い印象を与えることが可能で、上から凹ませたような加工を施す空押しを取り扱っている業者もあります。

 

ミシン目加工

名刺ではあまり行われない技術かもしれませんが、ミシン目加工を施すこともできます。

指定したラインにミシン目を施すことで、意図的に切り取ることが可能で、チケット的な用途で使われることが多いでしょう。

名刺は大事に扱わなければならないものですが、ミシン目加工をしてユニークさを出すのは一つの選択肢かもしれません。

 

 

以上のように、自宅では難しいとしても、業者に依頼すれば様々な種類の加工を施せるので、特徴的な名刺を作り上げることもできます。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、表面をツルツルに仕上げる両面光沢仕上げが採用されており、綺麗で目立つ名刺の作成に適しているので、是非利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の加工の種類」に関するページ