格安で名刺を作成する方法

名刺の作成と納期について

名刺やショップカードといったものを業者に依頼して作成してもらった場合、自分のお手元に届くまでにはある程度のタイムラグがあります。

業者によってその納期には違いが生じており、名刺の作成を依頼して直ぐに届けられるわけではないのです。

ネット通販の場合は納期があるものですし、自宅で名刺を作成する場合とは違って直ぐに手に入れることはできないというのは、多くの方が把握しているのではないでしょうか。

とは言え、どの業者でも名刺が自宅に届くまでに1週間も2週間もかかるというケースは少なく、驚異的な短納期を実現しているところもあります。

例えば、「東京名刺ランド」では、不備のない名刺データを入稿した場合は、原則として即日発送されるので、直ぐに名刺を作成してもらいたいという方に最適です。

「マヒトデザイン」の場合は、「平日14時までに完全データを入稿すれば当日発送」「平日14時以降に完全データを入稿すれば翌営業日に発送」「土日や祝日に注文した場合は翌営業日に発送」と事前に納期が定められております。

このように、あからさまに納期が長いような名刺印刷業者は存在しませんし、短納期でありながらクオリティの高い名刺を手に入れることができるので、ビジネスマンの多くが利用しているのかもしれません。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、注文を完了させてからお届けまで最短で3営業日と非常に短納期となっております。

それに、Vistaprint(ビスタプリント)は美しいデジタル・フルカラー印刷でありながら、プレミアム名刺の作成にかかる代金が100枚で990円と非常に安いので、是非一度注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、インターネットで名刺の作成を依頼し、自宅まで届けてもらうという場合は、一定の期間を要することが多くなっております。

注文する時間が早ければ、納期は短くなるかもしれませんが、即日発送が難しいという業者はありますし、依頼する名刺の枚数が多ければ多いほど、納期が遅れることもあるのです。

1,000枚単位で名刺の作成を依頼する方はいないかもしれませんが、サラリーマンであれば名刺を人に渡す機会は多いので、出張先で切らさないように余裕を持って注文しておいた方が良いでしょう。

また、直ぐにでも名刺が欲しいのであれば、お近くにある業者を利用して、店頭引取りをするという選択肢が適しております。

店頭引取りであれば、自宅に届けられるまで待つ必要はなく、業者によっては14時までに注文を完了させ、17時に仕上がるというところもあるのです。

「名刺の作成にかかる費用」に関するページ