格安で名刺を作成する方法

名刺の作成にかかる費用はどのくらい?

名刺の作成にかかる費用は気になるポイントの一つですし、多くの方が安い費用で大量の名刺を仕入れたいと考えるはずです。

もし、自分で名刺を作成するのであれば、パソコンとプリンタを用意し、用紙代やインク代を支払えば良いだけなので、かなり安い費用で印刷することができます。

イラストレーターといったソフトを利用すればオリジナル性の高い名刺ができますし、人とは異なったデザインの名刺に仕上げることで、差を付けることも十分に可能です。

しかし、業者に依頼して作ってもらう場合はある程度の費用が必要で、片面モノクロで1,575円、両面モノクロで2,625円、片面カラーで2,415円という相場になっています。

実際に業者ごとに設定されている料金は異なるので、事前に公式サイトを見て確認するのが一番ですし、各種デザインは自分で制作すればデータ入稿して自由度の高い名刺を作成できるでしょう。

ただし、WEB制作やデザインといった仕事を行っていない限り、自分で会社のロゴなどを作るのは難しく、専門の業者に外注すると安くても30,000円〜50,000円、場合によっては10万円程度の費用がかかってしまうのです。

現在では安い費用で外注してくれる業者も存在しますが、それなりの料金を支払わなければならないということを頭に入れておいた方が良いかもしれません。

ロゴを自分で制作して入稿し、テンプレートを決めて名刺を作成するのであれば安い費用で済みますし、このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)は、100枚で980円と格安です。

格安の料金で名刺を作成できるのにも関わらず、デザインの品質が高くテンプレートの種類も豊富ということでネット通販の中でも人気が出ました。

購入する枚数が多ければ多いほど、名刺1枚当たりの金額は安くなるので、大量に仕入れたいというサラリーマンの方はVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

テンプレートに流し込むだけのタイプの名刺は安い

名刺作成業者を利用し、決まったテンプレートに流し込むだけのタイプであれば、どの業者でも基本的に安い費用で承ってくれます。

自作の名刺よりは高い費用がかかってしまうものの、1,000枚といった大型ロットも可能な業者は増えており、自分で制作するのが面倒な方に適しているのです。

とは言え、「この世で一つのデザインで勝負したい」という場合、印刷料金の他にもデザイン料金を支払わなければなりませんし、凝れば凝るほどかかる費用も増すという仕組みになっております。

そこで、少しでも拘りのある名刺の作成にかかる費用を削減したいのであれば、「クラウドワークス」を利用してみましょう。

「クラウドワークス」では、デザインから印刷まで一括で承ってくれるという特徴があり、一流のデザイナーにロゴの作成を依頼することもできるので、利用する価値は大いにあるはずです。

「名刺の作成にかかる費用」に関するページ