格安で名刺を作成する方法

名刺の作成をバンコクで行おう

名刺を作成するに当たり、バンコクの業者を利用している方は少なからずいらっしゃいます。

日本の業者を利用するよりも安い価格で作成しているところが多く、バンコクには幾つかの名刺作成業者があるのです。

もちろん、クオリティに関しては特に問題はなく、支払いも日本円で行うことができます。

「本当にバンコクから日本に届けてくれるのか?」「粗悪品が届くのではないか?」という不安を抱えているかもしれません。

しかし、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)も日本の企業ではありませんし、バンコクの経済成長は今素晴らしいので、名刺の作成のために利用するのは選択肢の一つです。

タイのバンコクに設立されているステッカーの販売会社がタナーブットで、数多くの名刺作成業者の中でも人気を得ております。

名刺の作成だけではなく、「ステッカーの販売」「プラスチックカードの作成」「シルクスクリーン印刷」「フォトブックの製造」「タイムレコーダーサービス」「カードプリンターの販売」といった業務もタナーブットは携わっているのです。

4原色CMYK印刷で名刺を作成してくれるため、カラーバリエーションが豊富で、満足のいく仕上がりになるのではないでしょうか。

海外からの発送となるため200枚からの注文となっているものの、名刺保管用のケースが無料で付いてくるので非常にお得です。

光沢コーティングやつや消しコーティングといった特殊な加工も施せるので、ビジネスで使えるオリジナルの名刺を手に入れることができます。

ただし、日本で利用している方はそこまで多くありませんし、評判の高い業者というわけではないので、不安な方はタナーブットではなく当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

現地のバンコクへと出向くのも選択肢の一つ

ネット通販でバンコクの業者を利用して名刺を作成するのではなく、現地へと出向くという方法もあります。

店内に1,000を超えるショップが集まっているMBK(マーブンクローンセンター)はタイのバンコクでも有名な観光スポットで、訪れたことのある日本人は少なくありません。

このMBK(マーブンクローンセンター)にはタイ語入りの名刺が作成できる「Print Express」と呼ばれる店舗があり、朝にオーダーすればその日の夕方には出来上がります。

タイ語や英語に不安があってもオリジナルの名刺が作成できますし、バンコクでも人気を得ているショップなのです。

タイ語だけが記載された名刺ではなく、店内には日本語入力できるパソコンがあるので、自分で入力すれば特に問題はないでしょう。

もちろん、わざわざ名刺を作成するためだけにバンコクへと行くメリットはありませんが、旅行のついでのお土産として作成するのも一つの選択肢なので、一度「Print Express」を訪れてみてください。

「名刺の作成業者を比較」に関するページ