格安で名刺を作成する方法

役職なしの名刺を作成しても良いの?

役職なしの名刺を作成しても良いの?

自分の身代わりとなる名刺を作成するに当たり、「役職なしの名刺でも良いの?」という疑問を抱えている方は少なくありません。

「役職なしの名刺は信頼度が下がるのではないか?」「役職なしだと名刺の意味を成さないのではないか?」という不安を抱えているビジネスマンは意外と多いですね。

しかし、名刺の中に記載する情報は決められているわけではありませんし、役職や肩書きがなくてもあなたが何者で何ができるのか明確ならば特に問題はないのです。

もちろん、会社内での役職は自分が何者なのか伝える上で重要な要素となりますので、特に嫌でなければ次の肩書きを加えた方が良いでしょう。

 

会長:社長の上に置かれる肩書きで、多くは会社の代表権を持っている

社長:会社の代表取締役で、内部のとりまとめを行う

副社長:社長の下に置かれる肩書きで社長のサポートが主な業務

専務:社長の補佐を担当して様々な業務の管理を行う

常務:社長の補佐をしながら日常的な業務を遂行する

 

会社勤めではなく、フリーランスや個人事業主の方は役職や肩書きを設定していないケースが多いと思います。

そんな時に無理に役職や肩書きを当てはめた名刺を作成する必要はなく、自分の仕事や特技を小さい紙面の中で表現すべきですね。

名刺交換の際に自分がどのような人間なのか相手に伝えるのは非常に重要で、これからビジネスとしてお付き合いしていきたいのであれば自分に何ができるのか名刺の中に盛り込んだ方が良いでしょう。

ただし、役職なしの名刺でも肩書きを入れた名刺でも、あまりにも無制限に情報を盛り沢山にしていると名前や連絡先など本来の目的が分かりにくくなります。

そのため、文字量や目的に合わせて取捨選択し、自分を表現する上で何が重要なのかを考えて名刺を作成しなければなりません。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、特別なソフトをダウンロードすることなくインターネット上で自由にデザインができます。

そのデザインした名刺を格安の料金で印刷し自宅へと届けてくれるので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

目的に合わせて名刺に入れる肩書きを設定しよう

会社勤めの人間は役職なしの名刺を持っていることが少なく、自分が何者なのか分かりやすいように肩書きが表記されています。

一方で、「定年退職した」「専業主婦」「学生」といった人がプライベートで使う名刺を作成する場合、役職や肩書きを入れないのは当然です。

むしろ、個人用の名刺の中に役職があったらおかしいですし、名刺の中に絶対に入れなければならない情報ではないことがお分かり頂けるでしょう。

趣味で集まるイベントやパーティーで人と会う際、仕事と関係している役職や肩書きが入っていない方がどちらかと言うと好都合です。

現在ではビジネスとは別の個人用の第二の名刺を持ち歩いている人は少なくありませんし、肩書きを入れるのか入れないのか上手く使い分ける必要がありますね。

どのような名刺を作成するにしても、「自分はどのようなことを伝えたいのか?」といった点に着目して盛り込む情報やデザインを決めてください。

 

 

「名刺の作成に関する疑問」のページ