格安で名刺を作成する方法

出張先で名刺を切らしたらどうするの?

「出張先で名刺を切らしたらどうすれば良いの?」という疑問を抱えているビジネスマンはいらっしゃいます。

実際に、「出張先で名刺を切らすという失態を犯して、文房具屋さんでカードを買って手書きの名刺を相手に渡したら笑われてしまった」というツイートがありました。

確かに、名刺を切らさないように多めに所持しておくように注意しなければならないものの、慌しい出張の場合は忘れてしまうかもしれません。

「これだけあれば大丈夫」と鷹を括っていても、想像以上に名刺交換の頻度が多くて「足りなくなるかもしれない」と危機感を感じるケースはあります。

当然のように家や会社に帰っている暇はないでしょうし、そんな時はキンコーズのような印刷業者を利用するのがベストです。

コピーサービスを実施しているのがキンコーズで全国展開しており、東京や神戸、横浜や広島といった場所に店舗があります。

ここに名刺を持ち込み、必要な枚数だけ印刷してもらえば事は足りるはずです。

名刺の印刷にかかる料金はそこまで高くありませんし、名刺の原本が1枚もなくても自分で作成したデータを持っていればそのままスキャンしてくれるでしょう。

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)は実店舗ではなくインターネット通販なので、出張先で名刺を切らしてしまった時には役に立ちません。

それでも、豊富なテンプレートの中から自分のイメージに合うデザインの名刺が作成できるので、一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、クオリティは落ちるかもしれませんが、切れ込み入りの名刺用紙を文房具屋さんや量販店で購入し、名刺をスキャンしてプリントアウトするのも出張先で名刺を切らしてしまった際の応急処置です。

さすがに、取り引き先の人間に手書きの名刺を配るのは失礼ですし、自分の評価が落ちてしまうかもしれません。

ビジネスにおいては絶対に避けなければなりませんし、名刺交換で自分の印象が決まるとも言われているため、多少はクオリティが落ちてもきちんとした名刺を用意した方が良いのです。

場所は限られているものの、現在では東京駅や上野駅で名刺を即座に作成できる自動販売機が設置されました。

名刺印刷業者に持っていき、印刷してもらう時間がないという場合は、この自動販売機を上手く活用してみてください。

 

 

「名刺の作成に関する疑問」のページ