格安で名刺を作成する方法

名刺をもらったらどうするの?

ビジネスにおいて新社会人の方は、「名刺をもらったらどうするの?」「名刺をもらったらどのような対応を行うのがマナーなの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

確かに、学生の時に名刺交換をするという機会はほとんどありませんし、自分の名刺も持っていないはずなので、名刺を使用するのは基本的に社会人になってからです。

名刺をもらった際のマナーが間違っていると、「この人はダメだな」と思われる可能性があるので、正しい受け取り方について心得ておく必要があります。

まず、名刺をもらったら直ぐに名刺入れに仕舞おうとする方がいらっしゃいますが、これははっきり言って論外で、商談中にそのような行動をする方はいらっしゃいませんし、ビジネスの世界では非常識と捉えられてしまうでしょう。

座ってお話をする場合は、名刺は仕舞わずに机の上に置くのが暗黙の了解ですし、立ちながら話をする場合は頂いた名刺は名刺入れの上に重ね持ったまま行うのがポイントとなっております。

また、「会社のロゴや名前の部分に指を置かない」「目上の相手よりも先に名刺を受け取らない」「相手の前で名刺の中にメモを書き込んではいけない」という内容にも注意が必要です。

名刺をもらったら相手の情報などを忘れないようにメモする方がいらっしゃいますが、これは相手の名刺を汚すことになり、失礼極まりない行為なので絶対に行ってはいけません。

意外と見落としがちなのが名刺の受け取り方で、軽く会釈して「頂戴致します」と両手で受け取るだけではなく、会社のロゴや名前と指が被らないようにしなければならないのです。

そして、名刺をもらったら相手の名前や社名、肩書きなどに目を通し、難しい読み方の場合は「何とお読みするのでしょうか?」と確認します。

読み方を聞けるのは名刺交換を行った最初だけで、面倒だからといって相手に聞かずにいると、後々に恥をかく可能性があるので注意しなければならないのです。

名刺は相手の情報が記載されている重要な紙で、ここからビジネスが発展するケースも少なくないため、帰ったら面会の日時や相手の特徴などをメモした方が良いでしょう。

以上のように、名刺のやり取りはたかが紙1枚の交換なのですが、そこには決まったルールがあり、そのルールを知らないがためにビジネスチャンスを逃すことも十分にあり得ます。

「新入社員だから名刺をもらった際のルールを知らなくても仕方がない」というのは通用しないので、上司に直接教わらないとしても、自分で勉強をしておくようにしてください。

 

 

「名刺の作成に関する疑問」のページ