格安で名刺を作成する方法

自宅で名刺の作成はできるの?

ビジネスで使用する名刺は業者に依頼するだけではなく、自宅でパソコンとプリンタを使用して作成することができます。

ワードやエクセルといったソフトを使用して作れますし、「ラベル屋さん」といったフリーソフトをインストールし、手順に沿ってテンプレートを決めたり文字を入力するだけで簡単に自宅で作成できるのです。

フリーソフトによって異なるものの、意外と豊富なテンプレートが取り入れられておりますし、初心者の方でもコツを覚えれば満足のいく出来栄えとなります。

ソフトの中で使いやすいと評判なのが、エーワンから提供されている「ラベル屋さん」で、1,000種類以上のテンプレートが魅力となっており、同時に販売されている用紙も豊富なので、お好みの名刺を自宅で作成できるでしょう。

用紙の中でも「エーワン(A-one) マルチカード 51865」が人気を得ており、高品質の紙質ということで名刺の周りがギザギザせずに印刷屋さんにお願いしたような仕上がりになります。

自宅で使用しているプリンタの種類によっては、周りにミシン目が残り、手作りの感じがして質感が悪くなりがちですが、使用する用紙を変えるだけでも見た目のイメージを変化させることはできるのです。

IllustratorやPhotoshopといったソフトを使用して作成するのも方法の一つとなっており、どのような手段にしても費用を安く済ませられるのがメリットかもしれません。

業者に依頼しても最近では格安の業者が増えているため、高い費用を支払わなくても品質の高い名刺を手に入れることができます。

しかし、元々パソコンやプリンタを持っているのであれば、名刺の用紙代を支払うだけで自宅で作成できるので、圧倒的にコストを抑えられるというわけです。

リーズナブルな値段で写真などを使って自由に作成できるだけではなく、好きな時に好きな枚数だけ印刷できるのも利点の一つだと言えるでしょう。

名刺作成業者に依頼した場合、基本的に100枚単位の注文となっており、10枚や20枚といった小ロットでの注文は承っていないケースが多いのです。

「フリーランスで名刺を使う機会が少ないから10枚だけ作りたい」という時に、無料ソフトを使って自宅で作成するのが適しております。

とは言え、さすがに業者に依頼したような綺麗な出来栄えにはならないかもしれないので、見た目のイメージを重要視するのならば、Vistaprint(ビスタプリント)を利用するべきです。

小ロットでの注文は不可能で、100枚からの印刷となっておりますが、数ある業者の中でも評判なので、まずは公式サイトで詳細を確かめてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成に関する疑問」のページ