格安で名刺を作成する方法

学生は名刺を作成した方が良いの?

近年では就職活動のために学生でも名刺を作成していることが多く、アピール力に差を付けるためのグッズだと説明できます。

学生の方は絶対に名刺を持たなければならないというわけではありませんが、やる気を見せるためにも自分で作成したり業者に作成してもらったりして、就職活動で利用している方は多いのです。

会社のOBやOGに名前を覚えてもらうだけでも周りの就活生と差を付けられるということで、シンプルな名刺を作成しておくのは良いかもしれません。

相手がどのように考えているにせよ、名刺交換を行ったということは自分から連絡することが可能なので、就職活動をより円滑に進められます。

ベンチャー企業の社員さんと名刺交換をしたのであれば、OB訪問だけではなく会社訪問もできるかもしれないので、名刺は非常に便利なグッズだと言えるのではないでしょうか。

しかし、一方では学生は名刺を持つ必要がないという意見も飛び交っており、それは学生が名刺を所持すること自体にメリットがないからです。

確かに、会社訪問時に社員さんと名刺交換をしたり、履歴書やエントリーシートと一緒に名刺を送ったりすれば、自分のアピールに繋がります。

それでも、企業側からしてみれば学生との名刺交換は好意的に見られない可能性が高く、やむを得ずに応じているだけで身分不相応に見られればイメージダウンに繋がるのです。

それに、就職活動で利用しているSNSのURLを名刺の中に記載して企業の採用担当者にアピールしようとすると、不適切な内容が目に触れるかもしれないので絶対に避けなければなりません。

このように、名刺を持っているか持っていないかで就職活動の結果が大きく変わるケースは稀なので、学生は名刺を作成しなくても良いと考えられているのです。

今後のためにとどうしても名刺を作成したいという学生さんは、マナーとルールを踏まえるためにも、名前・読み方・大学名・学部・パソコンのメールアドレスといったシンプルな内容で良いと思います。

上記でも説明したように、内容によってはマイナスイメージに繋がるということで、FacebookやTwitterのアカウントはできる限り載せないようにしましょう。

そして、学生側の意図を伝えるためのツールということを理解し、自分からなりふり構わず社会人の方と名刺交換をしようとするのはやめてください。

名刺の作成方法としては、100枚で990円という格安料金が提供されているVistaprint(ビスタプリント)がおすすめなので、学生さんも一度利用してみるべきです。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成に関する疑問」のページ