格安で名刺を作成する方法

名刺を悪用されることはあるの?

名刺を作成するに当たり、「悪用されることはあるの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

ビジネスで使う名刺ならば絶対に用意しなければなりませんし、名刺を持っていないだけでも低評価に繋がります。

しかし、プライベートの名刺は作成しても作成しなくてもどちらでも良いですし、悪用されるリスクがあるのならば持たない方が安全という意見も出回っているのです。

実際に、以下では名刺を悪用されたという事例を幾つか挙げてみました。

 

・名刺を利用して洋服屋さんで大量に発注していた

・男がなりすまして喫茶店で無銭飲食をした

・会社のプロダクトに対して嘘の情報を流し込んでいる

・店員の名刺を持ってきたお客さんが値引きを要求した

・評価の高い社員の名刺を偽造して偽の商談を持ち込んで悪評を立たせる

・結婚詐欺として名刺を悪用する

 

上記のようなケースが以前には引き起こされ、確かに怖いと感じるかもしれません。

確かに、名刺の中には住所や電話番号など個人情報が掲載されていますが、クレジットカード番号などは書かれていないので大事には発展しないはずです。

闇雲に配ると悪用されるリスクは増すものの、ビジネスで取り引きを行う相手やプライベートのイベントで一緒になった人たちだけに渡していれば事件に発展するケースは低くなっています。

性善説を信じるのか性悪説を信じるのかは人によって異なり、正解不正解は特にないでしょう。

それでも、「名刺を渡す相手全てを犯罪者と思え」という考え方は極端すぎますし、神経質になりすぎると人間不信に陥りやすいので注意が必要です。

仮に誰かに名刺を悪用されたとしても、渡した方に民事責任が生じることは100%なく、営業用名刺配布行為は営業宣伝以外の目的がありません。

どうしても名刺の悪用リスクを避けたいのならば、顔写真入りの名刺を作成するのが適しています。

自分の顔写真やイラストが入っていれば別の人間を装って悪用するのは非常に難しいですし、ビジネスで使用する場合でも以下のように様々なメリットがあるのです。

 

・自分の顔と名前を覚えてもらいやすくなる

・名刺交換の際に大きなインパクトを与えられる

・貼り付ける写真によっては「誠実」「真面目」という印象を与えられる

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では文字だけの名刺以外にも、顔写真を使った名刺も作成できるので一度公式ホームページで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

 

 

「名刺の作成に関する疑問」のページ