格安で名刺を作成する方法

名刺の作成とワードについて

「オリジナルの名刺を自分で作りたい」「名刺にコストをかけたくない」という方は、MicrosoftのWord(ワード)で作成してみましょう。

名刺をパソコンで作成することの良さは、間違いなく自分自身でデザインなどを決められるということで、ワードを利用すれば自分好みに仕上げることもできます。

ただし、直ぐに名刺の作成に取り掛かれば良いというわけではなく、どの用紙を使用するのか選択しなければならず、用紙のサイズを最初に決定しなければならないのです。

とは言え、名刺専用用紙は家電量販店や文房具店で販売されているので手軽に入手できますし、作成するための費用はこれだけなので、コストを抑えられるというメリットがあります。

そこで、このページでは、ワードを使った名刺の作成方法について詳しく記載しているので、自作の名刺が欲しいというサラリーマンの方は是非試してみてください。

 

@パソコンの中でインストールされているワードを起動し、「差し込み文書」から「ラベル」をクリックする

A準備した用紙の型番を設定するために、「ラベル」から「オプション」をクリックする

B名刺用紙のメーカーを選択した後に型番も同時に選択し、ダイアログボックスに戻って「新規文書」をクリックする

C画面に名刺用紙ピッタリの枠が出来上がるはずなので、セルの中にお好きなフォントや大きさで名前や住所といった必要事項を入力する

D文字だけでシンプル過ぎる場合は、「MdN デザイナーズ素材集1000」といったソフトを使ってイラストを挿入する

E専用のソフトを使えば図形のパーツを使って柔らかなイメージのイラストも制作可能

Fレイアウトが完成したら、他のセルにもコピーし、プリントアウトして完了

 

以上のような手順で実行することにより、ワードを使ってオリジナルの名刺を作成できます。

ただ文字を入れただけの名刺ではシンプル過ぎて良い印象を与えられないかもしれないので、イラストをどのように組み込んでいくかがとても重要です。

ワードを使ってイメージするような名刺が作成できないのであれば、Vistaprint(ビスタプリント)といった業者に依頼するのは選択肢の一つとなっております。

Vistaprint(ビスタプリント)では、何種類ものテンプレートを取り扱っており、オリジナルの名刺を作ることも十分にできるのです。

しかも、100枚で990円という激安の価格で作れる素晴らしいサービスなので、是非一度利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成とデザイン」に関するページ