格安で名刺を作成する方法

名刺の作成とサイズについて

名刺を作成するに当たって、サイズを決めなければならず、業者に依頼するという場合はあらかじめ選択する必要があります。

とは言え、最も多い名刺のサイズは55×91mm(約2.17×約3.58インチ)となっており、東京では4号、大阪では9号と呼ばれているのです。

このサイズで名刺を作成しなければならないという決まりはありませんが、55×91mmの大きさが基本となっておりますし、あまりにも大きすぎる名刺をビジネスで取り引き先の人間に渡したら、「常識がないのでは?」と思われてしまいます。

名刺の用紙専門メーカーのカタログを見ても、標準とも言える4号の種類は非常に多く、どの業者のサイトを見ても様々なデザインがあるのではないでしょうか。

「名刺のサイズが大きければ目立つ」という考え方は間違っているので、通常のサイズで作成を行うのがベストというわけです。

業者に名刺のデータの作成や印刷を行ってもらうことも現在では可能で、自分で作るよりも圧倒的に綺麗な仕上がりになりますし、見た目のイメージが上がることは間違いないと説明できます。

ただし、既存の形式に当てはめて名刺の作成を行うため、無難と言えば無難ですが、独創性に欠けるというデメリットがあることを把握しなければなりません。

それでも、サラリーマンの方が名刺の作成に長い時間をかけるわけにはいかないので、100枚で990円という格安の料金設定となっているVistaprint(ビスタプリント)の利用をおすすめします。

Vistaprint(ビスタプリント)では、基本のサイズの名刺を取り扱っており、様々なデザインから選択できるというメリットがあるので、公式サイトで詳細を確かめてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺のサイズは規格で定められているわけではなく、時代や国によって異なるという特徴があります。

現在の日本では上記で説明した通り、55×91mmというサイズが一般的になっているものの、新しいサイズが一般化すればそれが習慣的に取り入れられるようになりますし、そのサイズの名刺を作成する方が増えるのです。

現に、欧米では51×89mmが主流となっており、日本であっても4号の55×91mmではなく、2号の45×82mmや3号の49×85mmを作成しているという方はいらっしゃいます。

名刺の作成を業者にお願いする場合、自分が希望するサイズのテンプレートがないという可能性も十分にあるので、どのサイズの名刺であれば作れるのか確認しておいた方が良いでしょう。

上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)の場合、プレミアム名刺は55×91mm、個人家族用名刺は49×87mmと事前に定められております。

「名刺の作成とデザイン」に関するページ