格安で名刺を作成する方法

名刺の作成とフォーマットについて

名刺を作成するに当たり、まずはフォーマットを決める必要があり、その形式に沿って文字を入力していく形となっております。

自宅でパソコンとプリンタを使用し、名刺を作成するという場合でも、業者に依頼して作ってもらうという場合でも、最初にフォーマットを決めなければならないのです。

スタイリッシュなデザインやエコロジーな柄、可愛いタイプの名刺や季節の柄など、名刺の作成を行っている業者では幾つものフォーマットが用意されております。

中には、2,000種類を超えるテンプレートを取り揃えた業者も存在するので、自分のお気に入りの柄を見つけることは容易いかもしれません。

エクセルやワードを使用して自宅で名刺を作っても、何種類もある中から選ぶことはできませんし、文字のフォントや大きさ、色などを上手く工夫したとしても、シンプルで独創性に欠ける可能性が高いのです。

シンプルな名刺が悪いというわけではありませんし、ただ色鮮やかにすれば良いというわけではないので、ビジネスマンの方にとってはどのような名刺を作成すれば良いのか迷う気持ちは十分に分かります。

しかし、名刺は自分の代わりとなるものですし、営業で利用するのであれば自分を覚えてもらわなければならないので、多少は凝った名刺を作った方が良いのではないでしょうか。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)であれば、エレガントな柄やレトロな柄など、ありとあらゆるフォーマットから選択できます。

しかも、名刺100枚で990円という格安の料金設定という魅力もあるので、是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、業者で名刺の作成を依頼し、最初にフォーマットが決まったのであれば、今度は入力する内容について決める必要があります。

名刺に絶対に書かなければならないような内容は特に決まっていないものの、名前が記載されていなければ「これは誰の名刺なの?」という疑問を抱かれるはずです。

それに、「名前や連絡先が正しく記載されている」「相手に自分のことが伝わる」「あなたのビジネスに関心を持ってもらえる」「あなた自身を印象付けられる」ということが大事だと把握しておかなければなりません。

名前や住所、所属している会社名や電話番号などはもちろん入れなければなりませんし、この記載がなければ名刺としての意味を成さないのです。

相手に印象を与えるために、個人事業主の方であれば、事業のキャッチフレーズやアピール文などを加えると面白いのではないでしょうか。

「名刺の作成とデザイン」に関するページ