格安で名刺を作成する方法

名刺の作成とエクセルについて

「名刺の作成はイラストレーターを使わなければできないのではないか?」と考えている方はいらっしゃいます。

しかし、お手持ちのパソコンの中にはExcel(エクセル)が最初から入っているはずで、このソフトを使用すれば作成できるのです。

ここでは、簡単にエクセルを使った名刺の作成方法を簡単にご紹介しているので、自宅で作りたいという方は是非試してみてください。

 

@お手持ちのPCでエクセルを起動し、用紙の余白を設定する

A購入した用紙に合わせて幅を広げ、縦も同じように1行から5行まで大きさに合わせて広げる

Bエクセルの上部に位置しているA1をクリックして元の名刺を作る

C名刺の中に画像を入れる場合はファイルから挿入し、画像の大きさを良い比率に調節する

D図形描画ツールバーに表示されているテキストボックスを開き、名刺の中に記載する文字を入力する

Eテキストボックスの中で、文字の大きさやフォントを好みで設定する

Fテキストボックスの隅を右クリックして、枠と色が名刺の中に入らないように設定する

G書式設定が表示されたら、色と線のタブをクリックし、文字の部分をカーソルで掴んでA1のセルの配置したい場所に置く

HA1に作成したい名刺ができたら、他の部分にもコピーしてたくさん貼り付ける

Iエクセルで作った名刺をプリントアウトして完了

 

以上のような手順を行えば、エクセルを使って名刺を作成することが可能で、コツを掴めばそこまで長い時間をかけずに作れるはずです。

パソコンさえ持っていればほぼ確実にエクセルを使えることは間違いないので、自宅で簡単に作れると説明できます。

しかし、エクセルで作成する場合、いくら文字のフォントや大きさ、色などを工夫してもシンプルになりすぎてしまい、独創性に欠けるのは間違いありません。

名刺は自分のイメージそのものですし、相手にインパクトを与えることが重要なので、オリジナルの名刺を作成したいのであれば、できる限り業者を利用した方が良いのです。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)であれば、たくさんのテンプレートから選べますし、100枚で990円、200枚で1,490円という格安の料金も大きな魅力となっております。

トップページでは、名刺の人気スタイルトップ10が閲覧できるので、その中から自分に合ったものを選ぶのも選択肢の一つです。

また、Vistaprint(ビスタプリント)に限らず、エクセルで作成した名刺を業者にデータ入稿し、イラストレーターデータに作成し直すこともできるので、まずは一度お問い合わせてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺の作成とデザイン」に関するページ