格安で名刺を作成する方法

名刺の作成とデータについて

名刺を作成しているサービスでは、元々取り揃えている完全データで作ったり、オリジナルのデザインを用意してデータ入稿を行って作ったりと、様々な方法が採用されております。

インターネットのホームページを閲覧し、気に入ったデザインがあれば、名前や住所といった必要な事柄を入力し、直ぐに印刷してもらえるというわけです。

そして、自分が作成したデザインで名刺を作ってもらいたいのであれば、業者にデータ入稿を行い、同じように名前などを入力して仕上がるという仕組みになっております。

基本的にどの業者でも、このデータ入稿は可能となっており、お好きなデザインを使って名刺の作成を行ったら、商品を選んで枚数などを決定し、注文を確定させるだけで自宅に届けられるのです。

自宅でプリントアウトするよりも業者に依頼した方が圧倒的に品質が高いですし、どこもお手頃な価格設定となっているので、ビジネスとして利用するのであれば絶対に専門の業者に作成してもらった方が良いでしょう。

基本的に、データ入稿はAdobe Photoshop(フォトショップ)やAdobe Illustrator(イラストレーター)で作成し、自身でデザインをされてから業者に送るという流れになっております。

データを作成する際、塗り足しや余白を決定する際に幾つかの注意点があるので、利用する業者の公式サイトを見て確認しておいた方が良いかもしれません。

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも同じように、Adobe Illustrator(イラストレーター)といったツールを使って作成し、業者に送る流れとなっております。

綺麗で見栄えの良い名刺100枚が、990円という格安の価格設定となっているので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で名刺の作成を依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)でデータを入稿する場合、「Adobe Acrobat 9」「Adobe Photoshop CS3」「Adobe Illustrator CS3」の3つのファイル形式が推奨されております。

もちろん、GIF形式やJPEG形式、PNG形式といったファイルを入稿しての名刺の作成も可能となっており、オリジナルのデザインを決められるというわけです。

他にも、パワーポインタやワードにも対応しており、様々なファイル形式をサポートしているところがVistaprint(ビスタプリント)の大きなメリットだと言えるでしょう。

名刺を作成してもらう業者により、データ入稿の方法には違いが生じているので、まずは公式ホームページを見て詳細を確かめておくべきです。

「名刺の作成とデザイン」に関するページ