格安で名刺を作成する方法

押さえておきたい名刺入れの正しい使い方をチェック!

押さえておきたい名刺入れの正しい使い方をチェック!

社会人になっても直ぐにビジネスマナーや立ち振る舞いが身につくわけではなく、仕事をしている中で少しずつ覚えていきます。

その中でも意外と大事なのが名刺入れの使い方で、クオリティの高い名刺を作って終わりというわけではありません。

 

 

・名刺を財布やポケットの中に入れて交換する時に出している

・名刺入れの中に他の人から貰った名刺を入れている

・会社や自分のイメージとは合わないデザインの名刺入れを使っている

 

上記に該当する人はビジネスで相手へと良い評価を与えることができず、自分のイメージが悪くなってしまいます。

そこで、ビジネスを効率良く進めるためにも、以下では名刺入れの選び方や使い方など細かい部分まで焦点を当てて説明しているので参考にしてみましょう。

名刺入れの選び方を心得ておく

まず最初に名刺入れの選び方を心得ておかなければならず、各々のブランドから多種多様な製品が販売されているからです。

そもそも、名刺入れは名刺にとっての座布団のような役割を果たし、「私は名刺を大事に扱っています」とアピールするために欠かせないアイテムとなっています。

ポケットやお財布から名刺を出して渡すのはマナー違反なので、取引先やお客様へと良い印象を与えるためにもきちんと用意しておかなければなりません。

 

・プラスチック製やアルミ製の製品はできる限り避ける

・ブランドのロゴが入っていない製品を選ぶ

・お堅い職業であれば派手な色使いの名刺入れは避ける

 

上記の点に注意して毎日の業務で使う名刺入れを選んでいれば大きな失敗は避けられます。

名刺入れの中には自分の名刺を入れる

当然のように、名刺入れの中には自分の名刺を入れてストックしておきます。

いつどこで名刺交換をするのか分かりませんし、名刺を切らしてしまって「今は持っていません」と言えば確実に印象は悪くなるのです。そこで、以下の点に注意して名刺入れを活用しましょう。

 

・20枚〜30枚程度はストックしておく

・1日に使う分を入れて残りはカバンで保管して補充するのもOK

・先方から頂いた名刺は整理分類用のケースやファイルで管理する

・名刺を取り出すタイミングで無理なく相手に掲示するために逆さで仕舞う

・不格好にならないためにも名刺を入れすぎない

 

工夫次第では小物入れとして使ったり割引券やクーポン券を入れたりできますが、名刺交換の際に間違って相手に渡さないように注意してください。

名刺入れを仕舞う場所は?

名刺入れを仕舞う場所は男性であればスーツ内のポケット、女性の場合は手に持ったりカバンの中に入れたりと性別によって異なります。

名刺交換は目下の者から渡すという暗黙のルールがあり、先方の前でもたもたとしないように名刺入れを仕舞う場所は最初に確認しておくべきです。

「ポケットから出すのであればいちいち名刺入れを使わなくてもそのまま出せば良いのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、ポケットの中に入れておくと破れたりクシャクシャになったりするので、相手へと渡すのは失礼なのです。

名刺を作成したい方にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

名刺入れの正しい使い方を把握していても、肝心の名刺が残念な仕上がりでは意味がありません。

少しでも相手を惹き付ける名刺が欲しいのであれば、Vistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

数多くの種類のデザインから選べますし、特殊な加工を施すこともできるので一度Vistaprint(ビスタプリント)へと依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺を入れるボックス」に関するページ