格安で名刺を作成する方法

名刺の整頓について

ビジネスマンならばどのような名刺を作成するのかに気を配るだけではなく、貰った名刺の整理整頓をきちんと心掛けなければなりません。

 

・貰った名刺を部屋の中に放置している

・貰った名刺をケースの中に入れてそのままにしている

・貰った名刺を会社のデスクの中に入れている

 

上記のような方は多いかもしれませんが、日頃から整理整頓を心掛けておかないといざ相手と連絡が取りたい時に出てこないという大きな失敗に繋がります。

名刺交換の仕方やマナーは新入社員の研修で行われていたとしても、実は名刺の活用方法は誰も教えてくれないのです。

サラリーマンにしてもフリーランスにしてもビジネスの上で名刺は欠かせないアイテムですし、手元にある相手から貰った名刺には連絡先が記載されております。

実際に自分から連絡してみてビジネスに繋がったというケースは少なくないので、今後のためにも整理整頓を常に意識した方が良いでしょう。

大量に溜まった名刺を集めて分けるのは大変ですし、「この名刺は必要なのか不必要なのか分からない」という事態に陥るので、名刺交換をしたその日に余白部分に会った日付や場所、用件などを書き込んでおきます。

もちろん、相手の目の前で名刺の中にボールペンで文字を書き込むのは大変失礼なので、自宅やオフィスに戻ってからにしなければなりません。

そして、貰った名刺を「直ぐに活用したい」「直ぐには使わないが保管しておきたい」「廃棄しても構わない」という3つに分類して整理整頓します。

それぞれ別のケースやボックスの中に収納しておけば、「どれが必要でどれが必要ないのか分からない」という事態を防げるはずです。

片付けをしないと様々な無駄が生じると人材育成支援会社OJTソリューションズの大鹿辰己氏も語っており、これはデスクの上だけではなく相手から貰った名刺にも該当します。

できるビジネスマンは名刺の整理整頓を心掛けているので、今直ぐにでも実践してみるべきです。

貰った名刺で相手のことを覚えていても自分の印象が薄ければ意味がないので、ビジネスで使用する名刺を作成したいのならば当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

ビジネスで使用できるクオリティの高い名刺が格安の料金で注文できるので、どのようなテンプレートが採用されているのか確認するためにVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトを確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

「名刺を入れるボックス」に関するページ