格安で名刺を作成する方法

名刺の保管方法について

人から貰った名刺はただ集めていれば良いというわけではなく、活用してこそ大きな意味があるので、保管方法を見直す必要があります。

会社員の方で多くの取り引き先と接したり、営業する機会が多かったりという方は、1年を通せばかなりの量の名刺が溜まるはずです。

それを家の中に放置していれば訳が分からなくなってしまいますし、収拾がつかなくなっていざという時に大事な名刺が見当たらないという事態が引き起こされてしまうため、名刺の保管方法を考えるのは重要だと説明できます。

そこで、名刺をしっかりと管理するために、ルーズリーフやバインダーといったグッズを使用し、あいうえお順で並べるようにしましょう。

必要な時に必要な名刺が取り出せなければ意味がありませんし、大事な名刺を見つける度に時間がかかっていては無駄なので、回転式の収納ボックスを利用するのは一つの選択肢です。

名刺専用の収納ボックスは意外と値段が高く、5,000円以上かかる製品もあるものの、最も簡単な保管方法ですし、一つでも持っていれば便利なので、費用対効果はかなり高いと説明できます。

もちろん、名刺を保管する場所が決まっていなければ、自宅の机にばら撒かれるような感じになってしまうため、サラリーマンの方はあらかじめ名刺を戻す場所を決めておかなければならないのです。

商談に行けば名刺交換をすることくらい普通の社会人であれば分かるはずですし、「今のペースで仕事を続けたら○○枚くらいの名刺は溜まるはず」という予測はつけられるかもしれません。

一度大量に溜まった名刺を見てから保管しようと思っても、時間的負債があって面倒だと感じやすいですし、どの名刺が重要でどの名刺が不必要なのか忘れてしまいます。

そのため、最初から名刺を管理するのはもちろんのこと、貰った名刺をコピーして、専用のノートに貼り付けて、その人と会った日時やシチュエーションを記載し、同時に特徴やパーソナルを書いておけば後々に役立つはずです。

恐らく、一般的な会社員の方でここまで丁寧に名刺を取り扱っているという方はいらっしゃらないかもしれませんが、後々のビジネスチャンスを広げられるかもしれません。

また、使用する機会がないような名刺を大事にとっておいても意味がないので、ある程度溜まってきたのであれば、比較的使用する頻度の多い名刺は「マスターホルダー」、それ以外は「サブホルダー」に分類します。

そして、出張先の旅館で貰うような絶対に要らない名刺も少なからずあるはずなので、それは保管せずに処分してしまうというわけです。

仕事をしている以上、名刺は基本的に増えていくものですし、組織変更によって同じ人から名刺を貰うこともあるので、定期的に処分するのが名刺の管理方法として重要だと言えるのではないでしょうか。

「万が一必要になったらどうしよう」という不安を抱える方はいらっしゃるものの、それでは増え続ける名刺を管理できないので、処分する勇気も必要だと言えます。

数ヶ月に1回は名刺を管理しているバインダーなどを整理し、どれが大事でどれが不必要なのか見極めるようにしてください。

 

 

「名刺を入れるボックス」に関するページ