格安で名刺を作成する方法

名刺を紛失した時の対処法について

名刺や名刺入れを紛失した時の対処法が分からないということで、悩んでいる方はいらっしゃいます。

自分の名刺だけが名刺入れの中に入っているのであればまだしも、会社や取り引き先の色々な人の名刺が入っていた場合、紛失してしまって焦るのは当然です。

とは言え、名刺の中には個人情報が記載されているものの、基本的に会社の企業秘密などは書かれていないはずなので、情報漏えいの心配は特にありません。

自分の電話番号が記載された名刺を紛失し、悪戯電話が増えてしまったとしても、そこまで大きな損失はないですし、悪用されるというケースは非常に低いのです。

もし、財布をなくしてしまったのであれば、クレジットカードや免許証が入っていることが多く、直ぐにクレジットカードを止めたり、銀行に連絡を入れる必要があります。

その点、名刺や名刺入れであれば、紛失したところで損をすることはないので、焦って対処しなければならないわけではないのです。

財布であれば、優しい人が拾ってくれたら警察に届けてくれるはずですし、同じように名刺入れも届いている可能性はあるので、警察に紛失届けを出すしか対処法はないと言えるでしょう。

財布とは異なり、名刺入れが返ってくる可能性は低いものの、神頼みのような感じで紛失届けを出すしか道はないというわけです。

意外と名刺入れは小さいですし、ポケットの中から落ちるということも十分にあり得るので、カバンの中にしっかりと仕舞っておく必要があります。

もし、情報漏えいといった心配があるのならば、一人で問題を抱え込むのではなく、会社の管理部門といった場所に相談した方が良いかもしれません。

基本的に、財布であればお金をネコババする人がいたとしても、他人の名刺や名刺入れを貰ったところで特に利益にならないはずなので、拾わずにそのまま放置されているか、優しい人が警察に届けてくれているかの二択です。

仮に返ってこないとしても、新しい名刺入れを購入すれば良いだけですし、名刺に関しても印刷すれば済む話だと言えます。

しかし、中にはブランド物の名刺入れを持っている方がおり、数万円や数十万円もするようなケースを使っていたのであれば、警察に紛失届けを出して、無事に返ってくるのを待つしか対処法はないのです。

オシャレに気を配ることは大事ですが、物を失くしやすいという方は、あまり高価な名刺入れを使用するのではなく、文房具屋さんで販売されているような安物でも良いのではないでしょうか。

 

 

「名刺を入れるボックス」に関するページ