格安で名刺を作成する方法

名刺とバインダーについて

ルーズリーフや帳票といった用紙を挿入し、記録して保管ができるバインダーは、名刺の整理整頓に適しております。

バインダーは自分の名刺を入れるために使用するのではなく、もちろん相手から貰った名刺を管理するためのもので、なくしてしまわないためには重要なグッズなのです。

サラリーマンの方で営業職なのであれば、毎日のように名刺交換をするはずですし、家の中に山のように溜まっていくというケースも決して珍しくありません。

重要な人物であれば携帯電話などに連絡先をメモっているかもしれませんが、名刺を見なければ分からないという時に日頃から整理整頓をしておかないと、山のようにある名刺の群から見つけ出すのは困難だと説明できます。

そこで、日頃からバインダーなどを使って名刺を整理しておけば、いざという時に慌てて探さなくても済むので、通販などでごく普通に販売されている製品を購入しておいた方が良いのです。

自分が使いやすいと感じるのであれば、どのような種類のバインダーでも構わないですし、文房具屋さんで販売されている安物でも問題はないでしょう。

安いバインダーを探しているのであれば、Amazonで販売されている「ナカバヤシ 名刺バインダー 差し替え式」がおすすめです。

「ナカバヤシ 名刺バインダー 差し替え式」は、名刺専用のバインダーとなっており、300枚まで収納できるところが良いですし、一般的な名刺のサイズの57×91mmに対応しております。

背見出しポケット付で使いやすいですし、873円という格安の料金で販売されているので、お財布の負担になるということは絶対にないはずです。

回転式の名刺収納ボックスの場合、部屋の中のオシャレな家具の一つとしても使えるものの、製品によっては5,000円以上はかかってしまいます。

「名刺を収納するグッズに高い費用をかけたくない」という方が多いはずなので、安物のバインダーを購入するのが良いかもしれません。

また、名刺交換の際にもらった名刺は、単純に集めてバインダーの中にあいうえお順に並べれば良いというわけではなく、必要な名刺と廃棄しても良い名刺に分ける必要があります。

絶対に要らないような名刺を保管していたところで、ビジネスに役立てるわけではありませんし、他人の名刺を集めることが目的ではないのです。

色々な取り引き先の名刺を手に入れ、それだけで満足していても意味がないので、むやみやたらにバインダーに仕舞うのではなく、必要のない名刺は勇気を持って破棄してください。

 

 

「名刺を入れるボックス」に関するページ