格安で名刺を作成する方法

名刺を収納するボックスについて

サラリーマンの方であれば、初対面の人と名刺交換をする機会が多いはずなので、名刺を収納するボックスを用意しておく必要があります。

毎日のように増え続ける名刺をしっかりと整理しておかなければ、いざ相手に連絡を取る際にどこにあるのか分からないというように、大きな失敗に繋がってしまうのです。

何かグッズを使用しなければ、もらった大量の名刺を整理整頓するのは難しいので、収納するボックスを買った方が良いかもしれません。

通販では、名刺ボックスは幾つも販売されており、リフィルポケットがついたタイプやクリアカバーがついたタイプなど、幾つもの種類が販売されております。

特に決まったボックスを使用する必要はありませんが、自分が利用しやすいという製品であれば、日頃から整理整頓がしやすいので、いざという時に慌てふためく心配はないはずです。

数ある製品の中でも、Amazonで販売されている「セキセイ ネームカードボックス ブラック CB-700」がおすすめで、非常に使いやすくなっております。

かなりの数の名刺が入るので、ビジネスマンの方にとっては最適な製品ですし、「あいうえお順」に区切られたカードがあるため、名刺に記載されている名前の通りに収納していけば、取り出す際も面倒だと感じることはないでしょう。

他にも、回転式の名刺整理器の「ローロデックス」も人気を得ており、デスクの上に置いてもかさばらないというところが優れております。

他のボックスと比べて料金が高いというのがデメリットですが、CDケースを飾るような感覚で名刺を整理できるので、オシャレさと便利さを同時に求めたいのであれば「ローロデックス」を購入してみるべきです。

また、このような名刺を収納するボックスだけに頼って整理するのではなく、名刺交換を行ったその日に、相手の特徴などを忘れないように、余白の部分に日付や場所、用件を書き込んでおきましょう。

軽くメモを残しておけば、次に連絡する際に交換した相手のことを思い出しやすくなり、後々に名刺を処分する際にも役立ちます。

ただし、名刺交換の際に、その場でメモを取るのは日本ではマナー違反ですし、相手が不快な感情を抱くことは間違いないので、自宅やオフィスに帰ってきてから書き込むようにするべきです。

そして、ただ漫然と名刺をコレクトすれば良いというわけではなく、同じ取り引き先でも担当者となる人以外の名刺は廃棄して、コンパクトにボックスを保った方が良いと言えます。

相手の名刺を手に入れることが目的ではないので、ある程度もらった名刺が増えてきたら「直後から活用する」「直ぐには使わないが保存したい」「廃棄しても構わない」という3つに分類するようにしてください。

 

 

「名刺を入れるボックス」に関するページ